「ガンジス川に抱かれて」

インドでは、あちこちの町や村を訪れ、たくさんの人々に出会いました。
ヒマラヤ山脈を越えてチベットの人々が多く移住しているラダック地方を訪れたり、コルカタではマザー・テレサが開設したマザー・ハウスに行き、バラナシではガンジス川で沐浴を体験し、釈迦が悟りを開いたとされる菩提樹や、ニューデリーにあるガンジー博物館などを訪れました。
現地のインド人とも仲良くなり、目の前で生きたニワトリを絞めてチキンカレーを振舞ってくれたり、ガンジス川で一緒に泳いだり、あるいはウソをつかれたり、騙されそうになったり……。
ヒンドゥー教の習慣に触れる機会もあり、たくさんの貴重な体験ができました。

美しいタージマハル

【インド】(国情報)
面積:328万7,469平方キロメートル(インド政府資料:パキスタン、中国との係争地を含む)(2011年国勢調査)
人口:12億1,057万人(2011年国勢調査)
首都:ニューデリー
民族:インド・アーリヤ族、ドラビダ族、モンゴロイド族等
言語:連邦公用語はヒンディー語、他に憲法で公認されている州の言語が21
宗教:ヒンドゥー教徒79.8%、イスラム教徒14.2%、キリスト教徒2.3%、シク教徒1.7%、 仏教徒0.7%、ジャイナ教徒0.4%(2011年国勢調査)
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/index.html)

「キリング・フィールド」

世界遺産アンコールワットが有名なカンボジア。
しかし、今もカンボジア各地に埋まっている地雷の数は400万個に及ぶといわれています。
経済が発展しつつあり、観光地として日本人にも人気がある一方で、ポルポト政権時代の悪夢が今も暗い影を落としています。

世界遺産アンコールワット。
世界遺産アンコールワット。

【カンボジア】(国情報)
面積:18.1万平方キロメートル(日本の約2分の1弱)
人口:1470万人(2013年政府統計)
首都:プノンペン
民族:カンボジア人(クメール人)が90%とされている。
言語:カンボジア語
出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/cambodia/index.html)